プラカード製作での入稿用データについて。

クイックサイン スマイル工房

入稿用データについて

(1)データはイラストレーターで!

・レイアウトやロゴは、極力イラストレーターデータを支給ください。(拡張子.aiまたは.pdf)
・バージョンはCS6まで対応しています。
・配置画像を忘れずお送りください。「画像を埋め込み」でも構いません。
・ワードやエクセル・パワーポイントなどのデータをいただいた場合は、当社デザイナーが印刷用原稿を校正いたします。
※お客様の希望するフォントが当社のPC環境のフォントにない場合、希望するフォントに似たものを使用させていただきます。
※ワード・エクセル・パワーポイントのデータを支給していただいた場合、PCの表示環境の違いにより弊社で同様のレイアウトを再現できない場合があります。

(2)画像は解像度をチェック!

写真や絵柄等画、画像データを使用する場合は、解像度(細かさ)にご注意ください。
・解像度は出力原寸大サイズで200~300dpi程度必要です。
・解像度が足りない(低い)場合、実際の印刷物にジャギー(荒れ)が生じます。(下図参照)

○解像度が適切なもの

  ▲くっきりとプリントされます  
×解像度が低いもの

▲ギザギザとぼけてプリントされます

↑ PAGE TOP

(3)色をチェック!

使用する画像やイラストレーターのカラー設定は「CMYK」にしてください。
※RGBカラーの画像や、オブジェクトを使用している場合印刷すると色が最初のイメージが大きく損なわれる可能性があります。
※こちらで画像をCMYKに変換し、色が大きく変わる恐れがある場合はご連絡いたします。

▼RGBカラー
RGBカラー
▼CMYKカラー
CMYKカラー
▼RGBカラー
RGBカラー
▼CMYKカラー
CMYKカラー

↑ PAGE TOP

(4)文字はアウトライン化!

・使用しているテキスト文字は全て「アウトライン化」してください。
・アウトライン化されていない場合、ご希望の文字(フォント)でプリントすることができません。

ロゴを使用したい場合のご注意

・ロゴの画像をご支給いただいた場合もロゴ画像の解像度が印刷に耐えうる画質でない場合があります。
・パスデータまたは高い解像度の画像(印刷用)をご提供いただけない場合、
 当社でトレース(書き起こし)することも可能です。(費用別途¥3,000~)

↓解像ロゴを拡大した時にシャギーが発生した場合
例
※低解像度データを印刷すると、
ロゴの縁や色の境目がボケて見えます。
↓拡大しても使用可能なデータを書き起こします
例

※トレースとは、画像の図を構成する部分を「なぞり」、拡大縮小可能なパスデータを作成する作業を差します。

データ送付について

・入稿用のデータは下記info@psmile.com宛て、又はフォームてに送信ください。

↑ PAGE TOP

プラカードの専門店[placard.biz]